神前式で日本らしい挙式をしよう|白無垢と袴で素敵な儀式を

向いてるカップル

people wearing tuxedos

東京では様々な挙式をすることができます。昔は神前式が多かったですし、現在では教会式が多いです。しかし、近年では人前式というさらに自由度の高い挙式を行うことができるようになっているので、今までにない斬新な結婚式を挙げることもできます。自由度が高ければそれだけ他にはない貴重な儀式となりますが、形式にとらわれない分、何から何まで自分たちで決めなければなりません。それはそれで大変となりますので、メリットもあればデメリットもあります。
東京では、ウエディングドレスを着て教会式をする人がほとんどだったのですが、現在では和服を着て結婚式をする神前式を選ぶカップルが増えてきています。ウエディングドレスを着用する人が多い中で和服の挙式というのは非常に目を引きます。

最近でこそ神前式を選ぶカップルが東京で増えてきましたが、それでも教会式を挙げるアップルの割合が多いです。そこで、神前式に向いているカップルの特徴というのを紹介します。

神前式というのは、カップルの愛を誓うという儀式ではなく、家と家同士が結ばれるといった儀式になります。そのため、家どうしのつながりを重要視するカップルに向いているでしょう。また、神前式では、片方が目立つというのではなく、お互いが儀式を進行していきますので、どちらも参列者に診てもらうことができますし、儀式によって夫婦の絆が深くなります。
そしてなにより、神前式というのは日本特有、日本の伝統的な挙式スタイルです。日本が大好き、これからも日本の伝統を守ってきたい、そんなカップルにおすすめと言えるでしょう。

これから東京で挙式を考えているという人は、ぜひとも神前式を選択肢の一つに入れてみてください。